« ラマダン月のはじまりに... | トップページ | JVC中東フォーラム »

2008.09.29

ライラ・アルカドル(2008年)と帰国と

ラマダン月も最終の10日を迎えると最高潮。
今年は当初は営業許可を得ていた外国人向けにお酒を出す店も
後から改めてラマダン月の営業停止処分を受けて閉店するなど、
ラマダン月の風紀の取り締まりはヨルダンでは思いのほか厳しい。

ラマダン月27日のイブはライラ・アルカドルと言って聖典コーランが
遣わされた日ということでことのほか特別な晩になっている。
これまでにこのブログでも2回ほど触れている。

ライラ・アルカドル(最初の記述 2004年11月)
http://rep-eye.cocolog-nifty.com/iraq02/2004/11/index.html

ライラ・アルカドル(2005年10月)
http://rep-eye.cocolog-nifty.com/iraq02/2005/10/index.html

ヨルダン人の知人に言わせると、この日の晩は空が開けて、人々の
願いが通じる日なのだそうな。
私としてはパレスチナとイラクの平和を祈りたいところ。

今年のこの晩は、私はイラクから病気の治療に来ている家族を訪問し、
その後、ラマダン限定で開催中の観光客向けのスーク(市場)を訪れ
(営業時間は断食明け時刻後の18時半過ぎから翌朝1時まで!)
そのまた後にラマダンの飾りが目立つ旧市内の近くを徘徊することで
過ごした。その後は荷造りに忙しくて寝る暇なし...

という訳で28日の午後にヨルダンを発って日本への帰国の途へ。

この週から風が涼しく一段と季節の変化を感じるようになったアンマン
ですが、28日の朝にはこの季節初めての雨が降った。
朝からのTVニュースは前の晩にアメリカで開催された第一回の大統領
候補の公開討論会の模様がトップニュース。
その合間に流れてきたニュースは隣国シリアの首都ダマスカスからのもの。
自動車爆弾で死傷者が出ているという。
【後から聞いたところでは現場は市内から国際空港に向かうハイウエイ
の途中で、シーア派のサイダ・ザイナブモスクへ通じる道の起点にも
近いという。ダマスカス訪問時には私も良く通る道だ。】

帰国前の挨拶で知人のイラク人に電話をすると、彼はちょうどこれから
シリアに行くところだと言う。爆弾事件の話をすると、彼は爆弾よりも
交通事故に会うことの方が心配だと笑う。
彼流のジョークだが。イラク人にこれを言われると笑えない。

アンマン発で最初に乗ったドーハ行きの飛行機はなぜかイスラエルからの
観光客が沢山乗っていた。
午後5時過ぎに離陸した飛行機は約1時間後に日没の境界線を越える。
ここでコックピットの機長から断食明けの時間の宣言がされる。
いかにもラマダンらしい光景だった。

|

« ラマダン月のはじまりに... | トップページ | JVC中東フォーラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7472/43352740

この記事へのトラックバック一覧です: ライラ・アルカドル(2008年)と帰国と:

« ラマダン月のはじまりに... | トップページ | JVC中東フォーラム »