« 4か月ぶりのヨルダン行き(2)ドーハ~アンマン | トップページ | 88年8月8日は? »

2008.05.25

困難な国づくり

5月25日(日曜日)

イスラーム国のヨルダンは木曜が週末で、金曜と土曜の二連休が普通。
なので、ふだんは日曜日から新しい週の仕事がはじまる。

しかしこの25日はヨルダンの独立記念日とかで祝日となり、3連休の長い
週末となった。

独立記念日の祝日らしさがどこかにありはしないかと思ったが、私の
身近なところでは普段の休日と変わりない一日が過ぎて行った。

ヨルダンのTV局は愛国心を強調するような映像を流し、国内の名所や
名物、国旗、そして国防の軍事訓練の模様を映して「我が祖国」といった
たぐいの歌を流していたが、しかしふだんでもそのような放送を見ることは
珍しいことではないので、特別にこの日のためのものかどうかわからない。

むしろこの日のトップニュースは隣国のレバノンの大統領選挙の模様だ。
アル・ジャじーラはアル・アラビーヤなどの汎アラブの衛星TV局はもちろん、
レバノンのヒズボラ系TV局のアル・マナール、シリアの衛星TV局、そして
イラク、クウェートなどなど各局の衛星TV局がこぞってレバノン議会での
投票と大統領の指名の模様を生中継していた。
(ちなみにこれだけの多チャンネルを自宅アパートのTV1台で見ることが
 できるのもありがたいことだ。後はアラビア語がちゃんとできるように
 私が勉強しなくてはいけない。と苦笑する。)

昨年以来、大統領職が空席で混乱状態に陥っていたレバノンでは、先週に
ドーハで行われた調停会議で合意に達する前には首都ベイルート市内での
市街戦という事態にまで達していた。

政治的妥協の産物にしても、このような形で合意ができ、大統領選出に
至ったことは、とりえあえず喜ばしいこととすべきだろう。

ベイルート南部のヒズボラ支持者が支配的な地域からのアルジャジーラ
(英語版)の中継によると、大統領の選出よりも、8年前の同日、2000年
5月25日のレバノン南部からのイスラエル軍撤退を記念するポスターや
看板の方が多かったという話があるのも、政治的背景の複雑さを示すもの
だろう。

レバノンにおいてもシーア派とスンニ派、そしてキリスト教徒の間の
国民的和解策が問題となっている。

振り返ってイラクはどうか。
イラクでも宗派的な分裂が取り沙汰されて久しいが、レバノンの場合でも
イラクの場合でも、思うのは別に信仰が悪さをしているのではないと言うことだ。
ここを取り違えてしまうと問題がわからなくなる。

宗派や民族の違いに名を借りた政治権力を巡る闘争がそこにあるのだと
見なくてはいけないだろう。

|

« 4か月ぶりのヨルダン行き(2)ドーハ~アンマン | トップページ | 88年8月8日は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7472/41328201

この記事へのトラックバック一覧です: 困難な国づくり:

« 4か月ぶりのヨルダン行き(2)ドーハ~アンマン | トップページ | 88年8月8日は? »