« Bush at War ~その日、平和と正義は棺桶に入った~ | トップページ | 3月25日~その日のバグダッド(1) »

2008.03.25

4,000人か○○万人か?

イラク戦争開戦後5年が経過した。

3月23日に米軍の死者数が4,000人に達したということで、報道がかまびすしい。
5年目というのも、4,000人というのも、ある意味きりの良い数字と言うか、節目に
なるいう意味で報道は扱っているのだろうが、この数字の裏にあるひとりひとりの
物語を思うと、数字を挙げることは空しく思える。

また、挙げられない数字にも思いを致す必要がある。
4,000人という数字が語られる一方で、それこそケタが違う○○万人という、
イラク人の民間人犠牲者の数が4,000と同等か、あるいはそれ以上に語られる
ことがあるのだろうか?

私はここで正確な数字を挙げずに○○万人と書いたが、そもそも正確な数字を
誰も挙げることができないという問題がある。

イラクボディカウントの推計値では約8万人~9万人ほど

世界保健機構(WHO)が2008年1月9日に発表した調査結果では、2003年3月から2006年6月
までの死者数が推計で15万人とされている。

2006年の米国Johns Hopkins大学の調査結果報告では
この数が約60万人となる。

数字の桁が大きくなって来ると、どうも私たちの日常感覚の想像を超えて
感覚が麻痺してしまいそうになる。

正確な数がどこにあるのかと問えば、わからないと答えるしかないが、もちろん
4,000人という数字を遥かに越えて大きな数字であることは確かであるし、
そこの裏には、またひとりひとりのイラク人の物語があるはずなのだ。

アフガニスタン戦争もイラク戦争も9-11以後の「対テロ戦争」の文脈で
語られることが少なくなく、私はそれに必ずしも賛成できないのだが、
9-11で亡くなった人々の数(3,000人台)と比べても、既に4,000人はそれを
越えており、ましてイラク人の○○万人という数字はとてもそれと比較は
できない数字であることも確かである。

|

« Bush at War ~その日、平和と正義は棺桶に入った~ | トップページ | 3月25日~その日のバグダッド(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7472/40640140

この記事へのトラックバック一覧です: 4,000人か○○万人か?:

« Bush at War ~その日、平和と正義は棺桶に入った~ | トップページ | 3月25日~その日のバグダッド(1) »