« 正義そのものが裁かれている | トップページ | サダム・フセイン裁判 »

2006.01.31

1月30日はイラクの祝日

ヨルダンは1月30日、31日と2連休になっています。
30日は現在のアブドゥラ国王の誕生日なので初めからわかって
いるのですが、31日の方はイスラム暦の新年の休日です。
こちらの方は暦によって判断するのか祝日になることが正式に
アナウンスされたのは結構間際になってからでした。
おかげで直前の日曜はこの日のうちに仕事を切り上げようと
言うわけか皆さん右往左往で街中が大渋滞で大変でした。
最近ヨルダンでは自動車が増えて渋滞しやすくなって来ている
という事情もありますが。
(ちなみに日曜は休日でありません。金曜がお休みで、新しい週は
土曜に始まりますから日本の感覚で”来週”の約束をする時は
曜日に気をつけなくてはいけません。平日は日曜から木曜までで、
官庁や銀行などは金曜と土曜がお休みです。)
私の場合、こちらに合わせて金曜日を仕事休みにして、
また日本のペースに合わせて土日まで休んでしまうと週休3日に
なってしまいます。
幸いにも(?)仕事が待ってくれていますからそんなに休むことは
ありません。

閑話休題、今日(30日)に用事があってバグダッドに電話すると
知人のBさんは「今日はこっち(イラク)も休みだよ!」と言っています。
明日(31日)が休みなのはイスラム諸国に共通なのでわかるとして
なぜ30日もヨルダンと同じく休みなのかと理由を聞き納得。
「選挙の記念日だよ」というのがその答えでした。
言われて見て気がついたのは、ちょうど1年前の2005年1月30日に
イラク移行国民議会の選挙が行われたということ。
もう1年経つのかという感慨もさることながら、その選挙の意味、
「民主化」された後のイラクの初の選挙の重さがあったのでした。
しかし、この「民主化」もカッコつきなのが問題でしょう。

今日アンマンで会って話しをしたバグダッド出身のイラク人の友人も、
「ヨルダンの西側(パレスチナのこと)の選挙では民主的な選挙が
行われたのにその結果(ハマスの大勝)に欧米諸国は不満足だ。
しかし一方でヨルダンの東側(イラクのこと)で12月に行われた
国民議会選挙の結果に一応欧米諸国は満足しているように
見えるけれど、イラク人の自分にとってはこの選挙はちっとも
民主的ではなかった。どちらを取っても問題だ。」と言っていました。

|

« 正義そのものが裁かれている | トップページ | サダム・フセイン裁判 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7472/8430301

この記事へのトラックバック一覧です: 1月30日はイラクの祝日:

» 民主化 [ちどりのあしあと]
ヨルダン・イラク報告: 1月30日はイラクの祝日から 今日アンマンで会って話しをしたバグダッド出身のイラク人の友人も、「ヨルダンの西側(パレスチナのこと)の選挙では民主的な選挙 [続きを読む]

受信: 2006.01.31 10:26

« 正義そのものが裁かれている | トップページ | サダム・フセイン裁判 »