2011.09.11

9.11より10年

長らく新規更新をサボっていましたが、9.11より10年ということで 一言書いてみ...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.03.17

「イラク戦争なんだったの !?」  開戦から7年 検証シンポジウム

北イラクのアルビル現地で書いています。 3月21日にシンポジウムを行いますのでよ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.07

イラク戦争の検証を求める市民グループを旗揚げ!

10月25日のバグダードでの2発の爆発による「大惨事」は、イラク連邦議会で 来年...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.11.06

『イラクに咲く花』2009・11・08 inお茶の水

ラマダン明けイードの祝祭日の間に日本に帰国し、ちょうど1ヶ月の滞在 (9月23日...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.18

靴投げの代償

イラク現地時間の15日(火)に、昨年12月のブッシュ米国大統領(当時)の

バグダード訪問時に記者会見会場で靴を投げつけたことで、罪を問われていた

バグダディーヤTV局記者のムンタザル・ザイーディ氏が刑を終えて刑務所から

出所した。外国人の賓客に無礼な行いをした罪で3年の刑が言い渡されていた

ところが、1年に短縮され、模範囚だということで更に期間が短縮され、この

日の釈放に至った。当初は14日にも釈放との話が伝えられていたが、手続きの

問題等でこの日になったと言う。

彼の行いは、ブッシュ大統領の対イラク、対中東政策を快く思わない多くの

イラク人をはじめ中東の人びとの賛同と賞賛を得て、ムンタザル氏は一躍、

時の人となった。富豪から娘を結婚させたいとの申し出があったり、多額の

寄付金の申し出があったことなどが報道を賑わし、また今回の釈放に際しても

そのような話がまた掘り返されたりしているようだ。

しかし、釈放前の報道によれば、彼の兄のダルガム氏は、本人は元のTV局に

復帰して取材を続けるか、寄せられた多額の寄付金は、イラク孤児や寡婦に

対する人道支援に使いたいという話だった。(そう言えば、二本目の靴を投げた

時のせりふは「孤児や寡婦からの贈り物だ!」という言葉だった。)

しかし、釈放後の記者会見での発言はそのような寄付金だの結婚話などの、

ある意味ではお気楽な話題を吹き飛ばすものだったことに、どれだけの人が

注目しただろうか。

彼は、別れの花束の代わりに靴を贈ったと言った。

ここまでは想像通りの発言だ。

しかし、その後の発言の中で注目されるのは、彼が刑務所で体験した拷問で

ある。

既に靴を投げた直後の逮捕の時点で当局によって殴打され、負傷していたと

され、アムネスティ・インターナショナルは、この時点で彼の扱いについて

調査すべきとの発表をしていた。

今回の会見では、彼は刑務所でケーブルや金属片で殴打されたり、

電気ショックを与えられたり、寒い中に放置されたりという扱いを受けた

と証言している。

そのような扱いを受けながらも生き延びて出所することができたのも、

彼が有名人であったこととも関係があるだろう。

イラクの刑務所での囚人の扱いはとかく評判が悪い。

今年になってから米国との二国間協定に基づき、米国が逮捕したイラク国内の

囚人も順次管轄が米国の管理下からイラク当局の管理下に移管されて来ている。

この課程で、容疑が不確かな囚人は釈放されてもいる。

しかし、米国の管理下からイラク当局の管理下に移された場合には、移管前より

更にひどい扱いを受ける場合も少なくないと聞く。

このような状態の中で苦しんでいる名も無き人びと(本当はそれぞれに名も

あるのだが、ただ注目されないと言うこと)のことを思うと、ムンタザル氏が

釈放されて、証言できただけでも良かったということになるのだろうか。

しかし、ここまでしゃべってしまったムンタザル氏もやはり無事では

済まされないようだ。

記者会見の翌日には彼はTV局のチャーター機でバグダードを発ちシリア経由で

ギリシアに行った。報道では病院で治療を受けるためとされているが、

私の知人のイラク人曰く「彼はもうイラクには戻れないのではないか。

身の危険を感じてイラクを脱出したに違いない」と言うのだ。

言われてみればそうかも知れないと思うと背筋が寒くなる。

やはりイラクにはまだそこまで自由がないと言うことなのか。

身の危険と言えば、17日(木)にはファッルージャ市内でイラク軍と合同

パトロール中の米軍に向かってサンダルを投げつけた男性が、手榴弾を投げつけ

たものと誤認されて米軍から撃たれる事件が起きている。

幸いにもこの男性(アフメド・ジュメイリ氏)の傷は致命傷にならずに、病院で

手当てを受けていると言うことだが、靴を投げるのも命がけというのは

彼の場合も、ムンタザル氏の場合もいずれも重い代償だ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.21

再会その2

きようはアンマンでバグダッドからのゲストを迎えた。 早朝にバグダッドを出て延々1...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日のバグダッドでの爆破事件について

19日のバグダッドでの連続爆破事件はついに犠牲者101名、負傷者500名を 超え...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.19

8月19日:2003年と2009年

きょう、バグダッド中心部で政府機関の建物を狙った6発の爆発事件 (自動車爆弾と迫...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.05

ガザの窮状を救え!

パレスチナ、ガザ地区へのイスラエルの攻撃は第二段階に入り、 地上戦が進められてい...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.01.01

年越し

2008年12月31日 大みそか、年越しはふと思い立って、部屋の明かりを消して、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«12月30日 東京、イスラエル大使館前